美容・ダイエット・コスメ・スキンケアからお金・投資・学び・資格やお得情報を幅広くお届けするサイト!

  1. エステ・ダイエット
  2. 5 view

「糖質ダイエット」をわかりやすくまとめてみた。

太る原因は糖質が多く含まれている糖質を過剰摂取しているからです。頑張って運動をすることや、厳しい食事制限を課しても全然痩せることができないとお悩みの方は、もしかしたら食生活において糖質を過剰摂取している可能性が高いです。糖質とは、お菓子に含まれているお砂糖やフルーツに含まれている甘み、そして毎日のように口にしているお米やパンに含まれています。また何気なく飲んでる清涼飲料水やスポーツ飲料にも糖質が多く含まれています。周りの食材を見渡してみると意外と糖質を多く含む食材が溢れていることに気が付きます。

糖質を摂取し、太るメカニズムについて


太る原因は糖質すべてではなく、糖質を過剰に摂り過ぎないことが大事です。糖質を摂取するとすぐに太るのではなく、糖質は体や脳を動かすための大事なエネルギー源です。しかしエネルギー過多になることで、体内で余った糖質は脂肪として置き換えられます。そして糖質を多く含む食材を口にしたら、血糖値が一気に上がります。血糖値が上がることで、体内にインスリンと呼ばれる脂肪に変える物質が大量に分泌され、結果的に脂肪が体に住みつく状態になります。気を付けるべき点は、血糖値の上昇を防ぐことと、生きるための適度な糖質の摂取を心掛けることです。

糖質オフできる主食の取り方


白米やパンには糖質が多く含まれているからもう食べることができないと嘆くのは早いです。白米を食べる際は1回につき150gまでに抑え、食べるときはしっかりと噛み砕くことを意識することです。パンを食べるときも、できるだけ精製された小麦で作られたパンではなく、胚芽などが配合されているパンに切り替えることで糖質を抑えることができます。麺類を選ぶ際は、うどんよりも糖質が少ないそばに切り替えることです。そばを選ぶ際も、できるだけそば粉の割合が多いタイプを選ぶことで糖質の過剰摂取を避けることができます。

野菜だと思って食べたけど、それは糖質です


糖質を避けるには野菜やヘルシーな食材を積極的に食べることは良いことです。しかし、野菜やローカロリーの食材の中には、隠れ糖質が含まれている食材がたくさんあります。例えばサラダを食べる際に、ポテトサラダや春雨サラダを選ぶと、それはお米やパンを食べているのと同じ状態になります。春雨の材料に使われる緑豆、大豆、トウモロコシ、かぼちゃ、さつまいもやジャガイモには糖質が多く含まれています。ちなみにダイエットに良いと言われている豆腐にも多くの糖質が含まれているので、摂取する際は気を付けることです。野菜のようで炭水化物を食べているのと変わらない糖質を知らない合間に摂取しているので気を付けることが大事です。

糖質オフができる食べ物に注目してみよう


糖質が多く含まれている食材に囲まれているといっても、糖質オフができる食材もたくさんあります。血糖値の上昇を抑えることができる食材が、食物繊維を多く含む葉物野菜や緑黄色野菜に海藻やキノコ類です。料理をする際は、積極的にキノコや海藻類を取り入れることで糖質を少しでも下げることができます。また食事中に血糖値を上げないためには、血糖値の上昇を下げる繊維が豊富に含まれているレタスを最初に食べることです。実際にベジタブルファーストと呼ばれるダイエット法により、糖質を摂取しながらでも痩せやすい体質へ整えることができます。濃い野菜が血糖値の上昇を防いでくれるから、市販の野菜ジュースでも良いのではという意見もありますが、メーカーによって飲みやすくするために大量のお砂糖が加えられているケースがありますので、野菜ジュースを飲むのでしたら生野菜しか使っていないジューススタンドで飲むことをおすすめします。

外食でもできる糖質オフダイエットを実践しよう


最近の外食産業は、糖質オフに着目しています。大手回転ずしチェーンでは、シャリを小さくした握り寿司や、お寿司を食べている満腹感を実現するために大根を使ったシャリを採用しています。またちゃんぽん麺で有名な大手外食チェーンは、大胆な方法で糖質オフに乗り出しています。それは麺なしで具材とスープだけを注文できます。またこんにゃくや野菜を練り込んだ麺を売り出している大手外食チェーン店や、コンビニのお惣菜やお弁当にも糖質オフの流れが入ってきています。外食の際に、糖質オフのメニューを出しているチェーン店を選ぶことで、ダイエットに影響をもたらすことはないです。今後も、外食チェーン店を中心に糖質オフのメニューが次々と販売されることが予想できます。

まとめ

血糖値の上昇を防ぐためには、糖質を多く含む食材を口にしないことと、万が一食べる際には血糖値を下げる食物繊維豊富の野菜や海草類やキノコ類を取ることです。一見野菜だと思われるジャガイモやトウモロコシなどでんぷん成分が多く含まれている野菜には気を付けることも大切です。そして主食の際はご飯の量を守り、外食をする際は糖質オフメニューを出しているお店を選ぶことです。

エステ・ダイエットの最近記事

  1. 「背伸びダイエット」をわかりやすくまとめてみた。

  2. お酒でダイエットできるのか?

  3. 「糖質ダイエット」をわかりやすくまとめてみた。

  4. 体幹リセットダイエットが話題になっています!

関連記事

PAGE TOP